カードローンの借入限度額は高めで希望したほうが良い?

MENU

カードローンの借入限度額は高めで希望したほうが良い?

 

カードローンには借入限度額という仕組みがあります。

 

文字通り、限度額までなら借入できるのが借入限度額です。

 

例えば50万円の借入限度額の場合は50万円まで借入できるという事になります。

 

この借入限度額は希望できますが、高めにしたほうが良いのか迷う事がありました。

 

高い借入限度額は金利が低くなる

5.0%〜18.0%など、下限金利から上限金利まで設定するカードローンが良く見られます。

 

利息制限法によって上限金利が定められており、借入額10万円未満では年20%が上限金利です。

 

10万円以上100万円未満では年18%、100万円以上では年15%となります。

 

利息制限法の関係もあり、高い借入限度額は金利が低くなるというメリットがあります。

 

高い借入限度額を希望すると審査が厳しくなる

借入限度額は高めで希望しても無条件で認められる訳ではありません。

 

審査によって決定しており、返済能力や信用力が足りない場合は希望よりも低めの借入限度額になります。

 

今まで少額な借入ばかりだった方が急に高めの借入限度額を希望すると審査が厳しくなる可能性があります。

 

貸金業者のカードローンは総量規制の対象となっており、借入できるのは年収3分の1までです。

 

他社借入額も含めて年収3分の1を超える借入限度額を希望しても認められません。

 

まとめ

審査に通りやすくするため、なるべく少なめの借入限度額を希望したほうが良いでしょう。

 

例えば10万円必要なら10万円の借入限度額を希望しておくのです。

 

借入限度額が足りない時は増枠申請する事が可能です。

 

審査に通れば借入限度額が増枠されますが、増枠時の審査は新規申し込みした時の審査より厳しいです。